マジカルシェリーのトイレ問題?

マジカルシェリーは骨盤ショーツという名称ですが、その機能は加圧式ガードルといってもいいと思います。

肌に直接履くインナーなので骨盤ショーツという名称なのかもしれませんね。

締め付け力によって歪んだ骨盤を矯正できるのですが、その締め付け力のためなのか口コミを見ていると『履いたり脱いだりするのが大変』とか『フックが面倒くさい』といったコメントが多く見られました。

大体の人のコメントには『慣れれば平気』と書いてあるのですが、マジカルシェリーを履いているとき、トイレで困らないのかな?

こんな疑問が湧いてきましたので、口コミを参考に検証してみました。

購入を検討している方は参考にしてみて下さい!


★ トイレも楽です。
他の類似商品も試しましたが、マジカルシェリーはトイレも比較的楽です。

★ フックを外せば簡単に脱げるので、トイレも楽です。
動いてもずれないので、トイレに駆け込んで直す必要もありません。

★ フックが多くてトイレで面倒くさい。
面倒くさがりな私には向いていません

★ トイレが面倒くさい
パンツタイプに骨盤ベルトがついているのですから、
脱ぐのも履くのも大変です。

インターネット、SNSなど探してみたのですが、トイレに関する口コミで見つける事ができたのは4件だけでした。

もっとあるかと思いましたが、意外と少なくて驚きました。

その4件の内容ですが、
面倒くさい … 2件
楽・比較的楽 … 2件 となっています。

マジカルシェリーにはウエストのところにベルトが付いています。

そのベルトには締め付けを3段階で調整できるフックが付いていますので、脱ぐ時にはこれを外す必要があります。

そのフックをいちいち外さなくてはならないのが、面倒くさい原因のようです。

でも、いくら面倒だからといってフックを使わないで履くようなことをすれば、しっかりと締め付ける事ができないために正しい効果を得る事が出来ませんので、フックは使う以外にありません。

そうなると、『フックが面倒』だと感じる方にはマジカルシェリーは向いていないのかもしれません。

ですがフックに関しては『慣れれば平気』みたいですので、トイレが不安だという方は、何度かフックを外す練習をしてみては如何でしょう?

又はトイレに行くときには、ギリギリまで我慢することなく余裕を持て行った方が良いようですね。

でもそのフックがあるからこそ、履いたり脱いだりが楽なのです。

マジカルシェリーは一旦ウエストのところまで引き上げてから、フックのついたベルトで締め付け力の調整をします。

なのでフックを止めていない状態だと、そこまで締め付け力は強くありません。

締め付け力を弱めた状態で履いたり脱いだりが出来ますので、一般的なガードルと比べても、楽に使えると考えられます。

また、マジカルシェリーを履いた状態でのトイレが本当に大変で、トイレに行くたびに大変な思いをしている人が多いなら、口コミにもっとトイレ問題が載っていても良い気がします。

一般的なガードルでも普通のインナーよりは手間がかかるのに、そこまで気にする事はないと思いますので、マジカルシェリーに関しても、そんなに神経質になる事はない気がします。

ただし、気になる方は、フックを外す練習はした方がいいかもしれませんね!

急いで脱ごうとしている時にフックに手こずったら、『手遅れ』になるかもしれませんので…。

⇒マジカルシェリーの公式サイトはこちらから